緑内障患者は20人に1人

スポンサーリンク

緑内障は、日本を含めて他の諸外国でも、失明原因の上位に位置する病気です。

2000年~2001年に岐阜県多治見市で一般市民を対象に緑内障疫学調査が行われ、その結果、40歳以上の人口のうち緑内障患者が5%と、実に20人に1人全国では、約200万人いると推測されています。そして、その緑内障患者の80%の人たちが、自分が緑内障であることに気付いていない潜在患者であったのです。

緑内障はほとんど自覚症状が無いため、病気の進行に気がつかないことが多いです。悪化してから、治療するのではなく早期発見・早期治療をすることが大切です。

眼球の前の方にある角膜と水晶体は、カメラにたとえるとフィルターやレンズにあたる組織だそうです。透明でなければならなく、血管も存在しないみたいです。

必要な栄養は、眼球前方を満たしている房水という液体から得ているようです。緑内障という名前は、この房水が何かの原因で過剰に溜まった時に、角膜がむくんで瞳が青っぽく見える事に由来するそうです。

しかし、実際多くの患者さんがかかる慢性緑内障では、瞳の色はもちろん痛みや充血といった症状が全くなしに進行し、視力の低下も病気の最終段階まで現われないそうです。この為患者さん自身なかなか病気である事を認識できず、治療開始が遅れる事が多々あるそうです。

しかし緑内障は放置していると少しずつ進行し、最悪の場合は失明に至る病気です。現在では治療法の進歩によって、非常に高い確率で視覚障害の進行を防ぐ事ができるようになっているそうですが、しかし(早期に発見し適切な治療を続けていればよいのでは)と言う条件が付いていると思います。

緑内障になりやすい人(1)家族に緑内障患者がいる人(2)ひどい近視である(3)体温が低い(4)冷え性である(5)血圧が低いなど心当たりがありませんか?

緑内障とは、目の圧力で視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。視覚障害の原因の第一位となっています。慢性と急性の2つのタイプに分けられます。多くの緑内障は、慢性タイプのものです。

 症状は、慢性の緑内障は、自覚症状がほとんどなく、知らない内に病気が進行してしまっている場合が多くあります。障害はゆっくりと起こるため、症状も気付きにくく発見が遅れることが多いです。

 一方、急性タイプの緑内障は、急激に眼圧が上昇して、目に痛みや頭痛など起こり、吐き気などの症状を起こします。また時間が経つほど治りにくくなるので、急性タイプの場合は、すぐに病院に行って治療を受けて下さい。

このサイトには緑内障の情報が詳しく掲載されいています。1人でも多くの方の緑内障の早期発見・早期治療に役立っていただけたら幸いです。

緑内障の治療とは?

緑内障の治療は、症状の進行を抑えることが目的です。病気の進行をくい止めるために、眼圧を下げる治療が重要です。治療方法として、点眼剤(目薬)などの薬物治療とレーザー治療や手術などがあります。

薬だけで十分に眼圧を下げることができない場合にレーザー治療や手術を行いますが、手術をしたからといって緑内障が治る訳ではありません。眼圧が下降して、病気の進行を抑えるだけです。また手術をしたからといって、その効果がずっと続く訳ではなく、再度手術を行う場合もあります。

緑内障について

緑内障についてへ

緑内障の種類

緑内障の種類へ

緑内障の症状

緑内障の症状へ

緑内障の検査

緑内障の検査

緑内障の治療

緑内障の治療へ

緑内障Q&A

緑内障Q&Aへ

あなたの街の緑内障眼科

日本中にある眼科の中で、緑内障治療が行える眼科を紹介しています。緑内障治療は、治療期間が長期に渡る大変な治療です。あなたに合った眼科を見つけましょう。

あなたの街の緑内障眼科へ

スポンサーリンク