緑内障の治療

スポンサーリンク

緑内障の治療方法には、その進行状態に合わせていくつかの手段が用意されています。 ただし、緑内障は現代の医療ではまだ完璧に治すということは出来ません。
これらの治療方法はいかに病気の進行を遅らせるかに重点を置いたものですから、進行に伴い複数回の治療を受ける必要があるということも念頭においておいた方が良いでしょう。

緑内障の治療方法

  1. 点眼剤(目薬)治療
  2. 注射薬
  3. 内服薬治療
  4. レーザー治療
  5. 手術

これらが現代の主な緑内障の治療方法です。基本的には上から順番に軽度から重度のものに合わせた治療方法となっていて、場合によってはこの中からいくつかの治療方法を組み合わせて、症状の改善を計ったり進行を食い止めていきます。また手術の方法に関しては、「レーザー手術」と「切開手術」の2つの種類が用意されています。

この2つの手術方法の違いは、"体への負担"と"効果"の大きさ。

レーザー手術の場合なら、切開手術より効果は劣るが入院の必要がないなど術後の回復も早く、切開手術なら、効果は大きいがその分だけ体への負担も大きいということになるでしょう。

いずれにしても、緑内障への対策は早ければ早いだけ進行速度も体への負担も小さく出来るものです。

大きな手術や失明の可能性を避けるためにも、やはり日頃から自分の目に対する健康には気を配っておいた方が良いですね。

スポンサーリンク