レーザー治療

スポンサーリンク

点眼剤などの薬物治療での眼圧低下ができない場合は、レーザー治療をします。

レーザー治療方法は2種類あります。隅角に照射して房水排出効率を上げる治療法と虹彩に穴を開ける治療法です。

レーザー治療は入院する必要も無く、比較的安全で痛みもほとんどありません。レーザー手術のメリットは、メスを使わないので、副作用が少ない点です。

しかし、十分な治療効果が出る場合と出ない場合があります。また手術後、一定期間を過ぎると眼圧低下の効果が段々と無くなっていく事もあります。

レーザー手術の際は、少し刺されるように感じる場合があります。手術する際は、点眼麻酔薬を使用します。痛みに敏感な人は、少し深めに麻酔薬を使用してもらうのも良いでしょう。

レーザー手術は一般的に外来で行われ、手術後は、自宅で静養します。手術後は、1~3日ぐらいは安静にしていましょう。また視野(目の見える範囲)が手術後の数日ぐらいは、かすんだりすることもあります。外出はなるべく控えたほうが良いでしょう。

他の治療方法

スポンサーリンク