見え方の変化

緑内障になると、まず影響を受けるのが、視野(見える範囲)です。視野の周辺部からだんだんと見えなくなってきます。中央の視野は長い期間見えるので、緑内障になったからといっていきなり失明?なんてことはありません。

しかし、この周辺部分から見えなくなることで、緑内障に気付くのが遅くなって、発見が遅れる原因でもあります。

緑内障の影響又は点眼剤の影響で夜間の運転やテニスなどの球速の速いスポーツなどは、影響がある場合があります。薬によって視界の明暗度が変化したり、薬の効いている時と効いていない時では、見え方が変化する場合もあります。

それ以外には、緑内障は過度の光、例えば強い日差しなどに敏感な傾向があります。紫外線は、目に負担をかけることが多いのでサングラスがあると便利でしょう。

スポンサーリンク