日常生活への影響

スポンサーリンク

緑内障になったからといって、きちんとケアをしていれば、特別日常生活に影響が出るようなことはありません。(視野が狭くなるのは、別です。)

通院したり、点眼剤を刺したりするなどの行動はしなければいけませんが、基本的に飲食やお風呂、酒、旅行などの制限はありません。

検査や診察で一時的に忙しい時期もありますが、診断の結果が出て、治療方針が固まれば、後は、治療方針に沿って日常生活を過ごすことになります。緑内障は、長期期間に渡って治療・処置をしてゆく病気です。中には10年単位で治療・処置していくケースもあります。

自分が病気にかかったら、すぐに治療したいという方もいらっしゃるかと思いますが、緑内障に限って言えば、正確な診断結果が出るのに数年、治療にさらに数年と気長に付き合うしか方法がありません。そういうものだと思って、治療をしていきましょう。

スポンサーリンク